矯正歯科でGoodバランスを~今日からアナタも口元美人~

歯医者

小さい時期が重要

小さいうちから歯医者に通う

歯

幼いころは定期的に歯科検診を受ける子供がほとんどでしょう。赤ちゃんには免疫がないので虫歯菌がすぐに移ってしまうという事から、口移しでものを食べさせたりすることは危険とされています。大人の虫歯菌が赤ちゃんに移ってしまうからです。それほど虫歯菌は繁殖しやすいとも言われているので出来るだけ繁殖させないためにも口の中を清潔に保つことが大切です。大人になると歯医者に行く機会も減り、知らない間に虫歯が発生していることが多いようです。多少の痛みならば耐えられるので、歯が痛くなったとしてもすぐに歯医者にはいかずに放置を続けていると後々厄介なことになってしまいますから、早めに歯医者に通ってしっかり虫歯を完治させましょう。

歯は一生涯の宝物である

乳歯に関しては一定の時期を超えると自然に抜けますが、そこから生える永久歯に関しては抜けることなく一生付き合っていくことになるでしょう。ですから出来るだけ歯を綺麗に保ってしっかりケアして長く健康な状態を維持させることが重要なポイントにもなるのです。しっかり歯磨きをしているから安心という訳ではありません。場合によっては歯磨きをしていても食べ残しなどがあって知らない間に虫歯の菌が繁殖していることもあります。そうなると治療のために歯を削らなくてはなりませんから、出来るだけ初期の段階で虫歯を発見できるように歯医者には一年のうちに最低一度は通って口の中の状態を見てもらいましょう。そうすれば早期に虫歯を発見することが出来るのです。